• 躁うつ病の妻
    「今」の積み重ねが未来~躁うつ病の妻は今を生きている
    2019年3月3日
  • 社会復帰
    夫の私はフリーランス~サポートしているご家族や復職を目指している人におすすめの働き方
    2019年2月17日
  • 社会復帰
    「頑張ったかどうかは自分で決めればいい!~双極性障害の妻のホメ療法
    2019年1月2日
  • 社会復帰
    うつ病だった人は面接で隠してはいけない~あなたに適している企業の見つけ方
    2018年12月8日
  • 躁うつ病の妻
    躁うつ病の人は焦ってはいけない~復帰を焦る必要なんてない!
    2018年12月15日
  • 社会復帰
    としぶんが考える精神疾患の人の働き方~誰でも働ける社会のためにできること
    2019年3月8日
  • ストレス解消
    躁うつ病(双極性障害)の妻への接し方「温かな無関心」~気にしない気にしない一休み一休み!
    2018年12月18日
  • 躁うつ病という病気
    双極性障害の妻と向き合って話しあえない理由~伝えるのは感謝の気持ち「いつもありがとう」
    2019年1月20日
  • 躁うつ病の妻
    躁うつ病の妻が感じる後ろめたさ~そんなものは感じなくていいんです!
    2018年12月25日
  • 躁うつ病の妻
    躁うつ病の妻に学ぶ愛情降り注ぐ大事さ~承認欲求よりも貢献力
    2018年12月11日

こんにちは、としぶんです(@toshibunbun)。

ツイッターをしていると、さまざまな方からリプを頂きます。

「いい旦那さんですね!」
「奥さんがうらやましい!」

なんて言われることもありますが、わたし自身はまったくそのように思っておりません。

というのも、わたしは長い間、妻との離婚を決意していました。妻との生活やサポートはこれ以上無理だと考えていて、何かのきっかけがあれば離婚しようと思っていました。

そのためツイッターで時折、

「今後も奥さんのことをしっかりと支えてあげてくださいね!」

なんてリプをもらうと、今でも

「今が精一杯なので先のことは分かりません」

と答えています。これはイヤミでも何でもなくホンネなのです。

今では妻との離婚については考えなくなりましたが、もしもまた躁うつの状態がひどくなった時には、また離婚を考えるかもしれません。

この記事を読んでいる人から「それはひどい」と言われるかもしれませんが、二度の入院時はかなり大変でしたから、あの状況で支えていく自信は今はありません。

ただそのような状況にならないように、日々家事を手伝ったり、精神的なサポートをしたりするようにしているのです。

スポンサーリンク

双極性障害のパートナーとの離婚は多いんじゃないかな

双極性障害のパートナーとどれくらいの割合で離婚されているのか、それはわたしは理解していませんが、相当多いんじゃないかなと思います。

わたしは以前にこのブログ記事でも書いていますが、「離婚したい」という話は躁転時に妻から何度もされています。

調べてみると、どうやら躁転時の別居や離婚話は多いようですね。そのような内容の記事を多く見つけることができました。

双極性障害の躁転時には、暴言が本当にひどくなりますから、正直その状況で離婚話を切りだされると、承諾してしまうでしょう。

妻も大声を張り上げながら「離婚する」と何度も言いましたから、わたしは「じゃあ、今すぐ役所に行って手続きしよう!」と売り言葉に買い言葉で言い返しました。

わたしも双極性障害に負けないくらいのハイテンションで切り返したものですから、妻もその圧力に屈して(笑)そこで病院に行く決心をしてくれたのです。

スポンサーリンク

双極性障害のパートナーと離婚せずにうまくやっていく秘訣は「病院に受診すること」「薬を飲むこと」これしかないっ!

双極性障害の人を支えているパートナーが書いたブログや記事を読んでみると、本人が病院に行ってくれないというのを多く見かけます。

これは本当に理解ができます。

わたしの妻も病院には「絶対に行かない」と言って聞きませんでした。

たまたま良かったのか、悪かったのか、わたしが妻にブチギレして双極性障害以上のハイテンションとなったことで病院に行く決心をしてくれましたが、これが結果的には良かったと思ってます。

わたしは前職が主任ケアマネで、精神科の関係者に知り合いが多く、妻の症状はいろんな人に相談していました。その相談の中で、

「絶対に病院に行くべき」「それぐらいの症状なら入院レベル」

とアドバイスを聞いていたのも良かったですね。わたし自身が妻を病院に連れていく決心ができましたから。

どう考えても双極性障害の症状がひどい場合、精神科の先生からの指示がなければ適切な判断ができません。

逆に言いますと、きちんと通院ができて薬を飲んでいけば、少しずつですが症状は良くなっていきます。

もちろん妻は既に初発から7年ほど経過した今も薬を服用し、一日に睡眠を15時間~20時間、とても働ける状態ではありませんから、良くなっているといえども本人の辛い状態には変わりありません。

それでも入院時と比べるとはるかに良くなっていますから、やはり病院に受診できているのも、しっかりと薬を飲んでいるのも、正解だと感じています。

離婚を決断しなかったのは子供たちのおかげ

何度も言いますが、わたしは妻のサポートを精一杯やっているつもりですので、これ以上のことはできません。

だから「頑張ってください!」と言われると、これ以上頑張れないのが本音です。

それでも離婚せずにやってこられたのは、子供たちのおかげだと思ってます。一番大変だと感じている時期に子供がいなかったら、間違いなく離婚していたと思います。

子供たちにとっては、お母さんですからやはり家から追い出すようなことはできませんでした。

だから子供たちが我が家にいる間は、妻と離婚することはないように思います。分かりませんけどね。

でも小さな子供がいて、ご主人さんが躁転して暴れているようなご家庭であれば、子供のためにも離婚したいと考えている人もおられるでしょう。

我慢に我慢を重ねているパートナーもいるに違いありません。

なのでわたしには離婚しないのが正解だとは思いません。

双極性障害の人には支えるサポートが必要。でも・・・。

でも間違いなく言えることは、双極性障害をはじめ精神疾患を抱える人には誰かしらサポートがいるということ。

ただわたしは次のようにツイートしています。

https://twitter.com/toshibunbun/status/1114440788195270656

サポートって簡単ではありません。

人は簡単に「奥さんを支えてあげてね」と言いますが、「分かりました」と簡単に返事はできないのです。

恐らくこの心の葛藤はまだまだ続くのかもしれませんね。「これが正解」というものが見つけられることができたら、葛藤はなくなるのでしょう。

ただ妻との接し方において、ひとつのモットーを持っています。「温かく無関心」というもので、これはわたしの心のよりどころともなっています。

この接し方を覚えていなければ、わたしはかなり疲弊していただろうと思います。

詳しくは過去記事をご覧くださいね。

何かしらご意見がありましたら、わたしのツイッターアカウントをフォローして(@toshibunbun)、リプくださいね。

躁うつ病の妻をサポートしながらフリーランスで自立した方法~うつ病で退職した人の社会復帰の手段として

 

としぶんは、躁うつ病の妻をサポートしながら、フリーランスとして自宅で仕事しています。

 

その経験を活かして、うつ病で退職した人の社会復帰の手段として、フリーランスで働く方法をまとめてみました。

 

 

こちらをクリックしてぜひご覧ください!

 

フリーランスといっても、スキマ時間を利用して5分程度のアンケートに答えるものから、正社員なみにがっつり働けるものまでご紹介しました。

 

私としぶんがフリーランスとして実際に活動している内容ばかりですので安心して取り組んでみてくださいね!

スポンサーリンク
躁うつ病の妻の関連記事
  • 躁うつ病の妻との距離感『温かく無関心』~その根本にある「寄り添う」ってなによ?
  • 躁うつ病(双極性障害)の妻の一日とわたしの接し方~気分の日内変動は無関心で乗り切ってます!
  • 双極性障害(躁うつ病)の妻との離婚を決意!?妻をサポートしているホンネを暴露します!
  • 家庭を一番大事にすることが絶対に良い理由~躁うつ妻を持ったブラック旦那がそう考える理由
  • 「今」の積み重ねが未来~躁うつ病の妻は今を生きている
  • 双極性障害の妻は病気を受け入れて、自分が変わる決意をした!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事