• 躁うつ病の妻
    躁うつ病の妻が感じる後ろめたさ~そんなものは感じなくていいんです!
    2018年12月25日
  • 躁うつ病の妻
    双極性障害の妻は病気を受け入れて、自分が変わる決意をした!
    2019年2月21日
  • 躁うつ病の妻
    躁うつ病の妻が社会で生きていくには理解者が必要~理解しない人からは逃げろ!
    2018年12月4日
  • 躁うつ病という病気
    躁うつ病の妻に自己断薬をススメない、夫のわたしが考える3つの理由
    2018年12月22日
  • ストレス解消
    妻は躁うつ病だ!サポートするけど夫だって楽しみたい!→アバター作ってみた!
    2018年12月22日
  • 躁うつ病という病気
    躁うつ病を理解されないんじゃない、病気のこと知らんだけ!
    2018年12月17日
  • 社会復帰
    わたしの大きな罪~女性をうつ病にしてしまった!社会復帰されるまでの道のり
    2018年12月6日
  • 社会復帰
    夫の私はフリーランス~サポートしているご家族や復職を目指している人におすすめの働き方
    2019年2月17日
  • 精神疾患の情報
    花粉症の時期はうつ病に注意~双極性障害の妻が実践する自律神経の整え方
    2019年2月26日
  • 躁うつ病の妻
    躁うつ病の妻に学ぶ愛情降り注ぐ大事さ~承認欲求よりも貢献力
    2018年12月11日

こんにちは、としぶんです(@toshibunbun)。

先日、このようにツイートいたしました。

https://twitter.com/toshibunbun/status/1111550528339664896

こういう意見を持っている人が、実はまだ多い。残念ではありますが。

もうそろそろ、「遊びがリハビリに有効」だということを認める社会になりませんかね。

スポンサーリンク

うつ病をはじめ精神疾患はまだまだ病気の理解をされていない

例えば、足を骨折した人であれば、骨の状態が良くなれば歩行などのリハビリを行いますよね。

筋力が少しずつ戻ってくれば、歩行距離も増えていきます。そして今まで通り歩けるようになっていきます。

でもこのリハビリとして歩いている姿を、誰も

「仕事もせずにぶらぶらしている」「遊んでいる」「怠けている」

とは言わないでしょう。

精神疾患に置き換えてみればどうでしょう。

人付き合いが負担になってうつ病になったとしたら、この人のリハビリって何が効果的なんでしょうね。

少しずつ人と関わることもひとつのように思います。

いきなり仕事の復帰などは無理でしょうから、仲の良い友人と接するなどして、人との関わりをリハビリしていくことは有効ではないでしょうか。

仕事と遊びを比べれば、圧倒的に心理的な負担は遊びが低いですから、リハビリとしては効果的のように感じます。

スポンサーリンク

双極性障害(躁うつ病)の妻も日々リハビリしています

躁うつ病の妻も、正直まだまだリハビリ段階です。仕事をするには、まだまだだと感じています。

だからできるときに、友人とランチにいったり、買い物に行ったり、子供たちと外出したりしています。

この積み重ねがリハビリとなっていて、社会復帰の第一歩になっているんですね。

自分だけでも外出できるという自信にもなりますし、人と会えることが恐怖ではなくなってきますからね。

精神疾患の人が「遊べない」状況であれば、かなり重い症状だと理解すべき

わたしの妻は普段うつ症状ですから、なかなか思うように体を動かせずにいます。

このような状況のときには、もちろん外出したり、友人とランチに行ったりすることができません。

昨日は遊びに行けたのに、今日は行けないなんてことは普通にあります。ただこの症状は一般的にはなかなか理解されていないことです。

ツイッターでもうつ症状のひどい人が、

「お風呂にも入れない」「着替えができない」「化粧ができない」

と辛い症状を告白されています。

でも症状が軽いときには、散歩されたりして過ごされていますよね。

こういう波があることが精神疾患の典型的な症状ですから、「遊べること」ってものすごく大事なことだと思いませんか。

だからわたしのようにサポートする人だけではなく、社会で精神疾患を受け入れる立場である人にも、「遊びの大切さ」を実感しておかねばならないと感じています。

そう理解できれば、「少し元気になれば、遊んでみればいい」と声をかけることができるのではないでしょうか。

おそらく精神疾患で休職している人も、会社の上司からそのように声をかけられれば、気持ちが少しでも楽になるのではないでしょうか。

躁うつ病の妻をサポートしながらフリーランスで自立した方法~うつ病で退職した人の社会復帰の手段として

 

としぶんは、躁うつ病の妻をサポートしながら、フリーランスとして自宅で仕事しています。

 

その経験を活かして、うつ病で退職した人の社会復帰の手段として、フリーランスで働く方法をまとめてみました。

 

 

こちらをクリックしてぜひご覧ください!

 

フリーランスといっても、スキマ時間を利用して5分程度のアンケートに答えるものから、正社員なみにがっつり働けるものまでご紹介しました。

 

私としぶんがフリーランスとして実際に活動している内容ばかりですので安心して取り組んでみてくださいね!

スポンサーリンク
精神疾患の情報の関連記事
  • 躁うつ病(双極性障害)の妻には「正論」は言いません!なぜなら・・・
  • 躁うつ病(双極性障害)の妻が低い自己肯定感を克服!?~声に出して自分を褒めてみると効果的!
  • うつ病禁句集!この言葉を言われたらどう思うのか心の叫びを書いてみた!
  • うつ病で仕事を休んでいる時は遊んではいけないの?いや遊びもリハビリのひとつだ!!
  • 花粉症の時期はうつ病に注意~双極性障害の妻が実践する自律神経の整え方
  • 人の感情は感染する!?共感力の強すぎる妻はこのように予防する!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事