• ストレス解消
    妻は躁うつ病だ!サポートするけど夫だって楽しみたい!→アバター作ってみた!
    2018年12月22日
  • フリーランス
    としぶんの一日はお気楽?~家事とフリーランスの一日を大暴露する!
    2019年3月4日
  • 社会復帰
    夫の私はフリーランス~サポートしているご家族や復職を目指している人におすすめの働き方
    2019年2月17日
  • 躁うつ病という病気
    躁うつ病を理解されないんじゃない、病気のこと知らんだけ!
    2018年12月17日
  • 躁うつ病の妻
    双極性障害の妻は病気を受け入れて、自分が変わる決意をした!
    2019年2月21日
  • 社会復帰
    わたしの大きな罪~女性をうつ病にしてしまった!社会復帰されるまでの道のり
    2018年12月6日
  • 躁うつ病の妻
    躁うつ病の妻は人との距離感が苦手~人と上手に関わる3つの鉄壁の防御とは
    2018年12月7日
  • 社会復帰
    「頑張ったかどうかは自分で決めればいい!~双極性障害の妻のホメ療法
    2019年1月2日
  • 躁うつ病という病気
    双極性障害の妻と向き合って話しあえない理由~伝えるのは感謝の気持ち「いつもありがとう」
    2019年1月20日
  • 睡眠
    うつ病で朝が起きられない!ストレスになる「夜眠って朝起きる」という習慣
    2018年12月10日

こんにちは、としぶんです(@toshibunbun)。

うつ病で悩む人からのツイートを見ていると、

「会社ではうつ病に対する理解がない」

「スタッフの前でひどいことを言われた」

「自分はやっぱり甘えているんだろうか」

と、職場でのうつ病に対する理解が低いことで悩んでいる人が多いことに気付かされます。

わたしは精神疾患の理解が進んでいない現実はとても残念に思います。でもこれが現状なんでしょうね。

そんな現状にどのように対処すればいいのか、とある法人の元中間管理職の立場だった私から一つの提案をいたします。

スポンサーリンク

としぶんはうつ病に理解のない会社は退職をおすすめします

わたしはあまりにひどい言葉を投げかけられるとか、ひどい対応を受けるということであれば、迷わず退職することをおすすめします。

わたし自身、中間管理職である時期にひとりの女性をうつ病にしてしまった経験があります。法人の立場を優先して、ひとりの女性を病気にしてしまいました。

よければ過去記事を参照してみてください。

そんな経験から、次のように考えています。

「病気でたいへんなことは分かるが、会社では会社を優先に考える」

というスタイルの人が日本では多いように思います。

海外では家庭や休日を優先するって言うじゃないですか。

でもまだまだ日本ではこのような考え方が浸透していないんですね。

だからそのような考えを押し付けてくるような会社は義理などを考えずに退職してしまい、うつ病の治療にできるだけ早く取り組んだほうが身のためだと感じます。

スポンサーリンク

うつ病の人に対して会社が考えているホンネとは

うつ病の人がとても多くなり、企業においても仕事がきっかけで発症させる可能性があります。そのため企業ではメンタルヘルス教育が必要になりました。

精神疾患の理解を深めて、必要な対応を取るようにしましょうというものです。

でも理解が進んでいない企業が多いのが事実で、未だに「甘えだ」と考えている企業や管理職が多くいるのは間違いありません。

これはとんでもないことですが、理解しようとしている企業においても対応に苦慮している現実があります。

理解している会社でも対応に苦慮している?

理解が進んでいるという企業においても、「どこまで配慮する必要があるのか」が分からずに悩んでいることも少なくありません。

「うつ病」であると診断書などで申告してきたスタッフに対して、理解ある企業では休職を促したり、軽い業務の部署に配置転換したり、業務軽減を行います。

しかし実際、いつまで配慮すればいいのか分かりません。理解のある管理職だとしても、うつ病のプロフェッショナルではありませんから。

業務を50%程度に削減したとしても、いつまでも削減したままにしている訳にはいきません。そんなことをしたら、周りのスタッフからも不満が出てきますから。

わたしも法人の中間管理職のときには、何人ものスタッフから「うつ病」との相談を受けました。恐らく大企業の中間管理職であれば、かなり多く相談を受けているはずです。

そのような背景によって「どのように対応すればいいのか分からない」と頭を悩ます管理職が増えているのです。

職場のメンタルヘルスのため産業医がいるのだが・・・

職場においてうつ病で悩むスタッフの対応に苦慮したときには、会社にいる産業医に相談することができるようになっています。

対応に苦慮したときこそ中間管理職は、診断書を書いた医師や病院ではなく、会社の産業医に相談することが適切なのです。

診断書を書いた医師は、あくまでうつ病本人の診断書を書いた医師。会社の事情などは基本的に関係がありません。

しかし会社に所属している産業医は、うつ病のスタッフのことを考えながら、会社全体のことも考えることができるのです。

しかし実際には、このような機能は会社内で働いていないことが多いんです。

多くの企業では産業医は常駐しておらず、週に一度や二度来るだけ、しかも数時間だけしかいないなんてことも多いですからね。そもそも会社のスタッフと信頼関係なんてできていないことが多いのです。

どうしても会社を辞められないのなら退職代行サービスを使う手も

ツイッターで皆さんの投稿を見ていると、会社は辞めたいのに辞めたいと言い出せなかったり、辞めるために会社に出勤したり上司と話することができないという人もいます。

このような状況ならば、もう迷わずに「退職代行サービス」を活用すればいいと思います。

退職することも労働者の一つの権利です。

わたしは会社組織で働くことがイヤになってフリーランスになりました。ストレスフリーですから本当にこの働き方を選んで良かったと思っています。

みなさんにフリーランスをお勧めするわけではないのですが、ストレスの中で働き続けることはやめるべきだと考えます。

退職代行サービスは、専門のスタッフや弁護士によって、退職手続きを代行してくれます。もう二度と会社の人と顔を合わす必要はないのです。

3万円から5万円程度の費用は必要になりますが、一つの選択肢として置いておいてもいいんじゃないでしょうかね。

実際、かなり利用が増えているようですしね。

退職代行サービスってどんなサービスなのか、記事にしてみました。興味があれば読んでみてください。

躁うつ病の妻をサポートしながらフリーランスで自立した方法~うつ病で退職した人の社会復帰の手段として

 

としぶんは、躁うつ病の妻をサポートしながら、フリーランスとして自宅で仕事しています。

 

その経験を活かして、うつ病で退職した人の社会復帰の手段として、フリーランスで働く方法をまとめてみました。

 

 

こちらをクリックしてぜひご覧ください!

 

フリーランスといっても、スキマ時間を利用して5分程度のアンケートに答えるものから、正社員なみにがっつり働けるものまでご紹介しました。

 

私としぶんがフリーランスとして実際に活動している内容ばかりですので安心して取り組んでみてくださいね!

スポンサーリンク
社会復帰の関連記事
  • うつ病に理解のない会社では働き続けてはいけない理由
  • うつ病で会社に行けない人が遊んでる!?~休職者に会社はどう対応すべきか考えてみた
  • 躁うつ病の妻をサポートしながらフリーランスで自立した方法~うつ病で退職した人の社会復帰の手段として
  • 精神疾患の人に「甘えている」と言う人こそ自分が成長せずに甘えているという真実!
  • 退職は逃げることなの?精神疾患による退職は「攻め」だと考えるといい
  • としぶんが考える精神疾患の人の働き方~誰でも働ける社会のためにできること

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事