躁うつ病(双極性障害)の妻をサポートしていて自分自身の精神状態が「ヤバい!」と思った瞬間

こんにちは、としぶんです(@toshibunbun)。

このようなご質問を頂きました。

奥様のケアをするにあたり、としぶんさんご自身の精神状態がヤバいな…と感じた事はありますか?

その場合はどのようにして乗り越えたのですか?

また、日頃メンタル面で気をつけている事はあれば教えてください。

順番に答えていきたいと思います。

スポンサーリンク

妻のサポートで自分自身の精神状態がヤバいな…と感じた瞬間

妻のサポートをしていて、

「これは無理だわ」

と思った瞬間は何度かあります。

躁転してまったくこちらの話が通らなくなったときには、自分の精神状態ももたないと真剣に感じました。

当時の心境についてはこちらに記事にしています。

ある意味、その状態になられるのが怖いからサポートしているということもあるかもしれません。

「それは病気だから仕方がない」という意見もあるかもしれません。

あるいは「病気の理解が足りないんじゃないか」とおしかりを受けるかもしれません。

でも「話が通じない」「暴れる」「叫ぶ」「眠らない」という状態を完璧に理解するなんてできません。

病院に入院してもらうしか頭にはありませんでした。入院しなければわたしが崩壊していたと思っています。

スポンサーリンク

その状況をどのようにして乗り越えたのか

わたしのことを「強い」とおっしゃる人がいますが、わたし自身は弱い人間だと感じています。

妻が躁転したのは何度かありますが、「もう逃げ出したい」と思うのが本音です。

でもさすがに子供を置いて出ていけませんから、そんなことはしませんが。

やはり医療の支えがあることがわたしには大きいです。

入院先の病院は歩いて5分ほどのところにあります。それだけ近くに病院があり、何かあったときには入院させてくれるというのは、わたしにとってもものすごく頼りになる存在です。

妻のお母さんは、妻をしっかりとサポートせずに入院させることについて、わたしを責めました。

「なぜあなたがサポートしないの?」

「ゆっくりしていれば治るのに!」

残念ながら、妻のお母さんはわたしの理解はしてもらえていません。子供である妻のことを思う気持ちは理解できますが、妻の病気についても理解していないことが分かります。

でもわたしは病気のサポートの根本にあるものは医療だと考えています。

だから妻の状態が悪くなれば病院にいき、必要であれば入院させてもらいます。薬を飲まなければ妻に注意しますし、通院は欠かさず行います。

わたしがサポートできているのも、辛い時期を乗り越えられたのも病院のおかげだと思っています。

サポートしていて日頃のメンタル面で気を付けていること

わたしは神でも仏でもありませんから、ストレスも自分が倒れることも嫌だと思っています。

その中で、「温かく無関心」という関わり方を見つけて、これが一番ストレスにならない関わり方だと感じています。

「冷たい」「理解されてない」と言われるかもしれませんが、それはサポートしているわたしも日々感じていることです。

周りからまったくサポートの辛さを理解されません。もちろん本人からも理解されることはありません。

わたしはサポートしている立場ですから、辛いのは病気の本人だという事は理解しているつもりです。

なので自分自身でストレスのコントロールをするしかないと考えています。

たびたびツイートもしていますが、毎朝ウォーキングすることも、休日の買い物途中に一人でマクドに入ることも、フリーランスをしていることも、一人の時間を大切にしていることも、すべて自分のためです。

そういう楽しみをたくさん持つ。それが自分のストレス解消法だといえます。

躁うつ病の妻をサポートしながらフリーランスで自立した方法~うつ病で退職した人の社会復帰の手段として

 

としぶんは、躁うつ病の妻をサポートしながら、フリーランスとして自宅で仕事しています。

 

その経験を活かして、うつ病で退職した人の社会復帰の手段として、フリーランスで働く方法をまとめてみました。

 

 

こちらをクリックしてぜひご覧ください!

 

フリーランスといっても、スキマ時間を利用して5分程度のアンケートに答えるものから、正社員なみにがっつり働けるものまでご紹介しました。

 

私としぶんがフリーランスとして実際に活動している内容ばかりですので安心して取り組んでみてくださいね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事