寒い季節は「冬季うつ」に注意!~双極性障害である妻の冬の過ごし方

こんにちは、としぶんです(@toshibunbun)。

先日、このようなツイートをいたしました。

躁うつ病の妻は、冬場の調子はイマイチ良くないですね。そのため寒い季節は特に体調に気をつけている妻なのです。

どのような取り組みをしているのかご紹介しましょう。

スポンサーリンク

冬場の妻はこんな過ごし方をしています

こんなツイートも先日しております。

調子の悪い時期でも、出来る限り低くならないように工夫しているのですが、特に「睡眠」には気を配るようにしています。

眠れなければ、すぐに躁転してしまいますからね。

なので冬場はお日さまの光をいっぱいに浴びることができるように、

  • カーテンを全開にする
  • 外出できるときには外出する
  • 朝起きたときには朝日を浴びる

など、基本的にできることをしっかりと行うようにしているのです。

スポンサーリンク

でもできないのなら無理しないのが大切です

うつ病など精神疾患をお持ちの方であれば、「何をする意欲もない」という人もおられるでしょう。

躁うつ病である妻も、おおむね一日15時間~20時間くらいは横になっており、その日によってかなり調子の差があります。

なので「今日は無理そうだな」と思うような日には、「やらない」という柔軟さも持っておくようにしています。

これ、とても大事ですね。

無理しちゃうと、やはり体調に大きく影響が出ますので何日も不調を引っ張ってしまうことがあるんですね。

なので、「自分自身の無理なポイント」をしっかりと掴んでおくことだ日々の生活には必要です。

さいごに

同じ病気の方や冬季うつ病などで苦しんでいる人のために、少しでも役に立てばいいなあって感じています。

どうしても焦ってしまうと思うんですよ、特に休職しているような人であれば。

でもね

「別にこの会社に復帰できなくてもいっかー」

ぐらいの気持ちでもいいと思うんですよね、妻を見ていると。

だって人生80年ですよ、みなさんおいくつですか(笑)。まだまだ何十年とあるでしょう。

いつもツイッターで言ってますが、ぼちぼち行きましょー!

躁うつ病の妻をサポートしながらフリーランスで自立した方法~うつ病で退職した人の社会復帰の手段として

 

としぶんは、躁うつ病の妻をサポートしながら、フリーランスとして自宅で仕事しています。

 

その経験を活かして、うつ病で退職した人の社会復帰の手段として、フリーランスで働く方法をまとめてみました。

 

 

こちらをクリックしてぜひご覧ください!

 

フリーランスといっても、スキマ時間を利用して5分程度のアンケートに答えるものから、正社員なみにがっつり働けるものまでご紹介しました。

 

私としぶんがフリーランスとして実際に活動している内容ばかりですので安心して取り組んでみてくださいね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事