「頑張ったかどうかは自分で決めればいい!~双極性障害の妻のホメ療法

こんにちは、としぶんです(@toshibunbu)。

ツイッターを見ていると、うつ病をはじめ精神疾患をお持ちの方で「今日も頑張れなかった」と嘆いている人をたくさん見かけます。

そんな人のために先日このようなツイートをしました。

頑張ったかどうかなんて、人と比べるものではありませんよね。

だから人に褒めてもらうのではなく、昨日の自分と比べてどうだったか、明日はどうなりたいか、それが大事じゃないのかなと妻を見ていると感じます。

スポンサーリンク

頑張ったかどうかは自分で決めればいい!

私の妻は双極性障害1型で、現在寛解に向かって薬を服用しながら治療を行っています。

妻の希望としては、もう二度と入院したくない、子供達のお母さんとして生活したいというものを明確に持っています。

他にもやりたいことや仕事などもたくさんありますが、無理しないようにしてまず子供たちと一緒に生活ができるように工夫しています。

これだけでも十分ホメられることですよね!

うつ病などの精神疾患をお持ちの人であれば、まずは眠ることからスタートしなければならないですし、少しでも眠れたのであれば自分をホメればいいと思います。

眠れなかったのであれば、眠れるような工夫をするだけでも自分自身をホメればいいんじゃないかな。

私の妻も何かあればすぐに眠れないようになってしまいます。でも耳栓をしたり、アイマスクをしたり、雨戸などを閉めて音を遮断したり、眠れるようにしているんです。

眠れなかったらつらいですが、そこは病院の先生と相談してお薬の調整をするようにしています。

つまり眠れなかったとしても、それは自分の責任にする必要はありません。

スポンサーリンク

頑張ったのかは結果なんて関係ない!

先日このようなツイートをしました。

眠れなかった!

家事ができなかった!

外出できなかった!

イライラしてしまった!

お風呂に入れなかった!

私の妻もすぐにこのようなことを言います。

でも私はいつも

「別にいいやん」

と言っています。

そんな日でも妻は、子供たちの前で笑顔になれた

それができているんですから。

元気である私だって、やろうと思ってできないことなんてたくさんあります。だからできなかったことでくよくよする必要なんてないんです。

絶対自分のためにできたことが一つぐらいはあるはずですから。

それをホメればいいんです。

できないことはやらなくったっていい!

「やらないという選択肢」

もとても大事だと考えています。

その判断をしただけでも、自分自身をホメればいいんです。

今自分ができる範囲のことで十分なんです。眠ることが必要であれば、全力で眠ることを考えればいいんです。

私の妻は全力で子供たちのことを考えています。どれだけできないことがあったとしても、それだけを考えるようにしているんですから。

これって十分ホメられますよね。

最後に~人と比べてはいけない

人と比べるとどうしても、焦ってしまいます。

人と比べて自分は劣っているんじゃないかと焦る気持ちはよくわかります。でも焦ってたって何も生まれてくるものがありませんよね。

人と比べていいことなんてひとつもないのです。

私の子供達にとっては、妻の存在は「お母さん」でしかありません。だから私の妻が、子供たちのために生きている姿勢は、とてもホメてあげたいのです。

もしも病気で苦しんでいる人や周りに病気で苦しんでいる人がいるのであれば、

「人と比べてはいけない」

「頑張ったかどうかは自分で決めればいい!」

そう心に決めていきましょう!

躁うつ病の妻をサポートしながらフリーランスで自立した方法~うつ病で退職した人の社会復帰の手段として

 

としぶんは、躁うつ病の妻をサポートしながら、フリーランスとして自宅で仕事しています。

 

その経験を活かして、うつ病で退職した人の社会復帰の手段として、フリーランスで働く方法をまとめてみました。

 

 

こちらをクリックしてぜひご覧ください!

 

フリーランスといっても、スキマ時間を利用して5分程度のアンケートに答えるものから、正社員なみにがっつり働けるものまでご紹介しました。

 

私としぶんがフリーランスとして実際に活動している内容ばかりですので安心して取り組んでみてくださいね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事