• 社会復帰
    わたしの大きな罪~女性をうつ病にしてしまった!社会復帰されるまでの道のり
    2018年12月6日
  • 躁うつ病の妻
    「今」の積み重ねが未来~躁うつ病の妻は今を生きている
    2019年3月3日
  • 夫婦が住む街
    躁うつ病の妻とランチに行きましたー~わたしが住んでる街は福祉が充実しています
    2018年12月12日
  • 社会復帰
    夫の私はフリーランス~サポートしているご家族や復職を目指している人におすすめの働き方
    2019年2月17日
  • 躁うつ病という病気
    躁うつ病の妻に自己断薬をススメない、夫のわたしが考える3つの理由
    2018年12月22日
  • 社会復帰
    としぶんが考える精神疾患の人の働き方~誰でも働ける社会のためにできること
    2019年3月8日
  • 躁うつ病の妻
    躁うつ病の妻が感じる後ろめたさ~そんなものは感じなくていいんです!
    2018年12月25日
  • フリーランス
    としぶんの一日はお気楽?~家事とフリーランスの一日を大暴露する!
    2019年3月4日
  • 躁うつ病の妻
    躁うつ病の妻はカットに行くことも命がけ~些細なことでも負担になる
    2019年2月16日
  • 躁うつ病の妻
    双極性障害の妻は病気を受け入れて、自分が変わる決意をした!
    2019年2月21日

こんにちは、としぶんです(@toshibunbun)。

先日このようにツイートしました。

フリーランスって、やるまでは「自分で稼ぐなんて・・・」という気持ちも強く、なかなかできませんでした。

しかしやってみると会社員としてのストレスもなくなり、意外と仕事もあることに気がつき、今ではこの働き方が気に入ってます。

「どうすればフリーランスになれるんですか?」とか
「フリーランスでどうすれば収入を得られるんですか」という質問を多くもらいましたので、わたしがどのように取り組んできたのかお伝えします。

現在、サポートをしているご家族で仕事との両立にたいへんな人やうつ病などで復職ができず悩んでいる人に

「こんな働き方もあるんだー」

と少しでも役に立てばという思いで記事を書きます。

スポンサーリンク

としぶんはどのように収入を得ているの?

私は現在、どこにも勤めずに完全在宅で働いています。パソコンとスマホを駆使して働くことができています。

仕事内容としては、

  1. ライティング(執筆)
  2. コンテンツ作成
  3. WEBコンサルタント業務
  4. ブログ・SNS運営

こんな感じになります。

何となく専門家ってぽく書きましたが、どれも前職を退職したのちに始めた仕事ですから、プロ歴はまだ2年ほど。

だからみなさんでも目指すことは難しくないと考えてください。ちなみに収入は前職よりも稼げるようになりました。

少し仕事内容についてお話します。

1、ライティング(執筆)

企業や経営者、個人事業の方から依頼を受けて、記事を執筆しています。

私はもともと老人福祉の仕事が長く、また管理職の経験もあることから、最初はそのような内容の記事ばかり書いていました。

そこからジャンルの幅を広げて、医療、健康、生活、美容、就職・転職などの記事を書くようになりました。

最近ではフリーランスの経験も長くなってきましたので、フリーランス全般・副業・起業などの記事も多く書くようになりました。

どこで仕事を受けるのかというと、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスにいくつか無料登録しており、そこでの実績から日々問い合わせを受けるようになりました。

また別のブログやSNSでその活動についてアップしていますので、最近では直接問い合わせを受けることも多くなりました。

【わたしが登録している主なサービス(すべて登録無料です)】

  • 在宅ワークを探すなら情報量が豊富~クラウドワークス
  • ライターやイラストなど特技を出品することができる~ココナラ
  • 記事ひろばで記事を販売することができる~afb(アフィb

詳しくはこちらのページに解説していますのでご覧くださいね。

2、コンテンツ作成

企業や個人事業などでブログやサイト運営している人に対して、ブログを作成したり、ブログ運営をこちらで行うこともしています。

ブログをしたいと思っても、なかなか本業が忙しくできない企業には、代わりにブログを運営してほしいという方がたくさんおられます。

私がその企業や経営者に代わって、ブログの記事を投稿したりしています。

これは難しそうに思うかもしれませんが、そんなことはありません。当ブログもそうなのですが、それほど難しい設定はなく運営することができます。

同じような感覚で他社のブログも運営しているのです。

3、WEBコンサルタント業務

コンサル業務というとかなりスキルの高い仕事のように思いますよね。でもわたしはもともと老人福祉の仕事をやっていましたので、その専門家ではありません。

しかしフリーランスをやるうえで、知っておけば役に立つ分野です。

どのようにすればインターネット上で集客することができるのかということを目的としてコンサル業務を行っているのです。

もちろんWEBサービスはブログだけではありません。私がやっているツイッターもそうですし、インスタ、ユーチューブなどいろいろなもので集客できますよね。

得意分野があれば、すぐにコンサル業務を始めることができます。

4、ブログ・SNS運営

私が運営するブログはこのブログだけではなく、いくつか所有しています。

このブログやツイッターはもともと毒吐き用に作ったもので(笑)、一応広告を貼っているものの、ほとんど収益化はできていません。

しかしほかのブログでは、先にあげた私の仕事に繋がるような情報を提供して、私の業務獲得のために運営し続けています。

そのため大手メンタルクリニックさんなどから依頼を受けてコラム執筆など行うようにもなりました。

スポンサーリンク

フリーランスを始めるきっかけ~ヤフオクでの副業

いきなりフリーランスといっても、なかなか踏み出せない人がいると思いますので、私がフリーランスを始めるきっかけとなった副業をお教えしましょう。

私は仕事をしている時には副業をしてました。

副業には本格的に取り組んでいたのですが、そのきっかけとなったのは

「ヤフオク」

です。

要らないものを売ったり、欲しいものを安く購入するために活用している人も多いでしょうね。

私は最初欲しい本をヤフオクで見つけ、2000円ほどする本が300円くらいで購入できることに感動しました。こんな便利なサービスがあるんだって。

私も自宅にある要らないものを売ってみました。良く売っている人のマネをして、写真や文章を入れると売るためのコツみたいなことも分かってきます。

もし少しでも収入になることがしたいという人であれば、要らないものをジャンジャン売ってしまえばいいのかと考えています。

私はそんな感じで、少し資金をつくることができました。少し探せばこんなものでも売れるんだーっていうものが見つかるはずですよ。

ネットでの仕事は誰でもできます

私は会社員を辞めてフリーランスをしていますから、本業としてしっかりと取り組んでいます。

でもほんのスキマ時間でも取り組むことができるものもたくさんあります。

もちろん精神疾患をお持ちで苦しんでいる人であれば無理はできませんが、少しずつでも働けないかなって考えている人であれば、ネットにはさまざまな仕事があります。

もちろんまっとうなものです。

例えば企業からのアンケートに答えるような仕事。簡単なアンケートに答えれば社礼をもらえるようなものがあります。

私が登録しているクラウドワークスやランサーズで「アンケート」と検索すればこのような案件がいっぱい出てきます。先ほどクラウドワークスで検索すれば1000件以上もの案件が出てきました。

簡単なアンケートなら1件あたり報酬が10円程度のものもありますが、何かの体験談などであれば数千円もらえるという案件もあります。

こんな案件はたくさんありますから、社会復帰の第一歩にできるのではないかと感じています。もちろん無料登録できますから安心です。

躁うつ病の妻をサポートしながらフリーランスで自立した方法~うつ病で退職した人の社会復帰の手段として

 

としぶんは、躁うつ病の妻をサポートしながら、フリーランスとして自宅で仕事しています。

 

その経験を活かして、うつ病で退職した人の社会復帰の手段として、フリーランスで働く方法をまとめてみました。

 

 

こちらをクリックしてぜひご覧ください!

 

フリーランスといっても、スキマ時間を利用して5分程度のアンケートに答えるものから、正社員なみにがっつり働けるものまでご紹介しました。

 

私としぶんがフリーランスとして実際に活動している内容ばかりですので安心して取り組んでみてくださいね!

スポンサーリンク
関連キーワード
  • うつ病に理解のない会社では働き続けてはいけない理由
  • うつ病で会社に行けない人が遊んでる!?~休職者に会社はどう対応すべきか考えてみた
  • 躁うつ病の妻をサポートしながらフリーランスで自立した方法~うつ病で退職した人の社会復帰の手段として
  • 精神疾患の人に「甘えている」と言う人こそ自分が成長せずに甘えているという真実!
  • 退職は逃げることなの?精神疾患による退職は「攻め」だと考えるといい
  • としぶんが考える精神疾患の人の働き方~誰でも働ける社会のためにできること

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事