• 社会復帰
    としぶんが考える精神疾患の人の働き方~誰でも働ける社会のためにできること
    2019年3月8日
  • 精神疾患の情報
    花粉症の時期はうつ病に注意~双極性障害の妻が実践する自律神経の整え方
    2019年2月26日
  • 躁うつ病の妻
    躁うつ病の人は焦ってはいけない~復帰を焦る必要なんてない!
    2018年12月15日
  • 躁うつ病という病気
    躁うつ病の妻に自己断薬をススメない、夫のわたしが考える3つの理由
    2018年12月22日
  • 躁うつ病の妻
    躁うつ病の妻が社会で生きていくには理解者が必要~理解しない人からは逃げろ!
    2018年12月4日
  • 社会復帰
    うつ病だった人は面接で隠してはいけない~あなたに適している企業の見つけ方
    2018年12月8日
  • 躁うつ病の妻
    【ブラック旦那が語る】躁うつ病のパートナーを持つ苦しみ~やっぱり理解してもらえない!
    2019年1月6日
  • 躁うつ病という病気
    双極性障害の妻と向き合って話しあえない理由~伝えるのは感謝の気持ち「いつもありがとう」
    2019年1月20日
  • 社会復帰
    わたしの大きな罪~女性をうつ病にしてしまった!社会復帰されるまでの道のり
    2018年12月6日
  • ストレス解消
    躁うつ病(双極性障害)の妻への接し方「温かな無関心」~気にしない気にしない一休み一休み!
    2018年12月18日

こんにちは、としぶんです(@toshibunbun)。

先日、このようなツイートをしました。

躁うつ病の人やその周りにいる家族さんなどであれば、分かると思うんですが、周りから理解されないんですよね。

普段は薬飲んでて、どちらからというとやや「うつ」状態で、人と関わることがなかなかできません。

でも、「躁」になると本人もびっくりするくらい元気になり(テンション高いだけ)、周りの人たちから
「奥さん、元気になって良かったなあ~」
って言われます。

「元気じゃないんだよ、テンション高いだけ!」
でもはっきりとそのように伝えても、真意は伝わりません。

これは、妻が病気になってから、妻もわたしも悩みの一つでした。

理解されなんだなぁって。

スポンサーリンク

理解されないんじゃない、病気のこと知らんだけ

でも「理解してくれない」ばかり言ってても、なんかネガティブな感じがして、すっきりしないんですね。

そもそも理解してくれないのって、悪気があるわけでもないし、むしろ理解しようって思っている人の方が多い気がする。

「元気になってよかったなあ」って、良い言葉やもんね。みんな、そう言ってくれるもん。

だから病気のこと知らんだけやって、思うようにした。妻ともそう思うように話をした。

病気のことを理解すべき人が理解していればそれでいい。特に妻の躁うつ病は、夫のわたしが理解していればいいこと。

そう思うようにしたら、
「元気になってよかったなあ」って言われたら、
「ありがとう」って言えるようになったわ。

そのほうが、お互い気持ちいいしね。気持ちが軽くなりました。

スポンサーリンク

そういえば理解していないことが多いことに気が付いた

ツイートしていると、うつ病の人たちとやり取りすることも多くなりました。

やっぱり「理解してもらえない」って言葉を多く聞きます。

例えば、本当にうつ病で苦しんでいる人に対して、
「わたしも最近、うつっぽいんだよね」
みたいなことを言うとか。

さすがにわたしはうつ病の人に対して、そのような発言をすることはないけど、悩みを抱えている人に対して、知らずのうちにそんな失礼をいっているのかも知れないとも感じています。

病気に限らず、人の悩みって深いですからね。やっぱり気を付けないといけないなって。

理解されないのは、やっぱり知らんだけ

わたし自身は、受け取る側の気構えも大事かなって感じてます。

明らかに悪気があって言っている人であれば許さんけど、悪気がない、むしろこちらを気にして言ってくれているんであれば、やはりこちらの受け取り方にも問題ありかなとも思うんですね。

まあ、病気であるのは妻の方ですから、妻はまた受け取り方が違うかもしれんのですけどね。

でも、わたしは病気は敗北ではないと考えているので、むしろ病気になって良かったなと思える人生にしたいんです。

妻が病気になってみて、気付くことができた部分も多いですからね。元気だったら分からなかったこと、たくさんあるんです。

病気に感謝できる自分のほうが、素敵でしょ。そんなこと言ったら、妻に怒られるかもしれんなあ(笑)。

躁うつ病の妻をサポートしながらフリーランスで自立した方法~うつ病で退職した人の社会復帰の手段として

 

としぶんは、躁うつ病の妻をサポートしながら、フリーランスとして自宅で仕事しています。

 

その経験を活かして、うつ病で退職した人の社会復帰の手段として、フリーランスで働く方法をまとめてみました。

 

 

こちらをクリックしてぜひご覧ください!

 

フリーランスといっても、スキマ時間を利用して5分程度のアンケートに答えるものから、正社員なみにがっつり働けるものまでご紹介しました。

 

私としぶんがフリーランスとして実際に活動している内容ばかりですので安心して取り組んでみてくださいね!

スポンサーリンク
関連キーワード
  • 双極性障害(躁うつ病)の妻を支える家族として「疲れた」と感じるのは甘えなのか限界点なのか
  • 双極性障害が「双極症」に!?名称変更をサポートしている家族視点で考えてみた
  • 躁うつ病(双極性障害)の妻の一日とわたしの接し方~気分の日内変動は無関心で乗り切ってます!
  • 双極性障害(躁うつ病)の妻はなりやすい性格?性格は病気のきっかけになりますがマイナスポイントではありません
  • 妻は躁うつ病(双極性障害)になって性格が変わった!?性格の変化は病気によるものだと言える理由
  • 躁うつ病(双極性障害)の妻には性欲がない!これって薬の副作用なの?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事