躁うつ病の妻は子供に精いっぱいの愛情を注ぎます~妻から学んだ人への愛情

こんにちは、としぶんです(@toshibunbun)。

わたしの妻は、子供に目いっぱいの愛情を注ぎます。
※妬んでるんじゃないよ(笑)

ツイート通りで「そこまでしなくていいんじゃないの?」と考えることも多かったのですが、最近になって、
「妻は子供たちに愛情を注ぐことを生きがいにしているんじゃない?」
と考えるようになったのです。

スポンサーリンク

あなたは生きがいを持っているか?

妻にとっては子供の成長が一番嬉しいんだろうなって思います。

人との関わりが希薄になっているこの世の中で、子供の事を一番に考えて行動できるって素晴らしいですね。妻は子供たちのために昼寝をしっかりして(笑)自分の体力を温存しているんですからね。

そう考えれば、自分はどうなんだろうって思います。
自分は家族のためにそこまで真剣に生きているんだろうかって。

妻の姿を見ていると、病気だからできないことが多くあって、「妻には何ができるのか」って考えることが多いんですけど、そんなことよりも、

「何を目的にして生きているか」

この方が大事だと感じるんです。みなさんはどう思いますか?

スポンサーリンク

守るべきものを守ることが大事

妻を見ていると、こう感じるんですね。最近とくに。

だから妻の姿を見ていても、「いいお母さんだから、いっかー」って夫のわたしも思えるようになったんです。

このブログを始めて、さまざまな人と繋がることができました。特にうつ病などで悩んでいる人からメッセージを頂くこともあって、他人ごとには思えないですね。

妻の病気もあり、わたしも過去に精神的な不安定な時期がありましたから。

そんなみなさんにわたしが訴えかけるのは厚かましいことかもしれませんが、本当に大事なものを大事にしてもらいたいなって思うんです。

みなさんにも家族がいると思います。恋人がいるかもしれません。大事な人、たくさんいると思うんですね。

まずは自分を大事にして、次に周りの人を大事にしてほしいなあ。自分自身が壊れてしまっては、本当に不幸ですからね。

病気の間はとても長い時間に感じられるかもしれません。でもこの病気は必ず意味のあることだと思っています。妻も子供を大事にするためにこの病気になる必要があったのかもしれません。

最後に~心は活き活きさせましょうー

妻は今日も、子供たちに愛情を降り注いでいます。
良いお母さんですね。

そんな妻を大事にしていきたいと思います。
たまに毒吐くけどね、ウシシ!

躁うつ病の妻をサポートしながらフリーランスで自立した方法~うつ病で退職した人の社会復帰の手段として

 

としぶんは、躁うつ病の妻をサポートしながら、フリーランスとして自宅で仕事しています。

 

その経験を活かして、うつ病で退職した人の社会復帰の手段として、フリーランスで働く方法をまとめてみました。

 

 

こちらをクリックしてぜひご覧ください!

 

フリーランスといっても、スキマ時間を利用して5分程度のアンケートに答えるものから、正社員なみにがっつり働けるものまでご紹介しました。

 

私としぶんがフリーランスとして実際に活動している内容ばかりですので安心して取り組んでみてくださいね!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事