社会復帰

仕事がしんどい…行きたくない…そんな時のとしぶんの考え方

こんばんは!としぶんです(@toshibunbun)。

わたしは3年ほど前にサラリーマンを辞め
フリーランスとして働いています。

その経験として次のように
ツイートしています。

わたしもいろいろと辛い経験を経て
フリーランスになりました。

その経験を少しお話して
仕事で悩まれている方の
お役に立てればと思っています。

ストレスでダウンしたサラリーマン時代

わたしは今から約3年前
サラリーマンを辞め
今の執筆業を始めました

サラリーマン時代は
管理職として
責任のある仕事でした

でもストレスがとても大きく
ずっと体調不良でした

睡眠もしっかりと
取れませんでした。

そしてある日
出勤途中に意識消失し
そのまま救急車で搬送。

いま思えば限界でした。
仕事と妻のサポート
よく死ななかったと思ってます。

職場に復帰したものの…

意識消失後のダメージが大きく
職場は一か月ほど
休職していました

その後復帰はしたものの
ストレスが恐怖となり
まともに仕事ができなくなりました。

その恐怖と2年ほど戦い
そして職場を去りました。

もうわたしの心は
限界だったのです。

ダウンしたことはマイナスではなかった

もうサラリーマンは無理だなと感じ
以前から考えていた
フリーランスとなりました。

相当無理して働いてたので
不安よりもほっとしたのが
本音です。

そう思えるようになったのは
まさに意識消失してダウンしたから。

あれがなかったとしても
いずれはどこかで
ダウンしていたように思います。

かなり体調不良の中で
仕事をしてましたから。

自分を中心にして大切にする

わたしのようにダウンする前に
しんどいならば休んでほしい。

倒れてからでは遅いです。
いざという時には
自分を守れるのは自分だけ。

わたしは意識消失して
かなりのダメージを受けましたので
ホントよく死ななかったと思ってます。

わたしのようになる前に
自分を大切にしてください。

職場のことを意識して
甘えちゃダメだ、なんて
思わなくていいんです。

まず自分自身が一番大事なんです。

ABOUT ME
としぶん
としぶん
妻と子供二人で生活している旦那。 会社を退職し、躁うつ病の妻をサポートしながらフリーランスとして働いています。主任ケアマネ、社会福祉士、介護福祉士の経験を活かして、現在はライティングやコンテンツ作成、WEB集客コンサルとして活躍しています。 妻には悪いけど、ストレスを抱えていることが多くある。 うまく吐き出すためにこのブログを始めました!
関連記事