ストレス解消

明るく振る舞うのがしんどい…無理に笑顔になるのをやめてみたら…

こんにちは!としぶんです。

「無理して明るく振る舞ってる」
という人、多いですよね。

先日このようにツイートしました。

相手に対する思いやりで
明るく振る舞える人って
とても素晴らしいと思う。

でも
嫌われないために
仲良くしてもらうために
明るくするというのは、

自分が疲れてしまう
だけのように感じます。

みなさんの中に
この人、愛想笑いしてるなって
無理にあわせて笑ってるなって
感じたことないですか?

やっぱり周りには伝わってるし
その場では不快感を
与えている事すらある。

せっかく一生懸命
明るく振る舞ってるのに
結局は疲れるだけで
良いことはそれほどないんですね。

不安は隠さなくていい

そうは言っても
明るく振る舞うことを止めるのは
とても不安だと思う。

でも、
無理して明るく振る舞って
充実してますか?

わたしは正直
疲れているだけでした。

何か変えなきゃと考えて
明るく振る舞うことを止めました。

不安に感じましたけど
今できることだけ
集中するようにしたのです。

でもそれを続けると
理解してくれる人たちが
寄り添ってくれるようになりました。

妻もその一人ですね。

先を見ると人は不安になります

無理して明るく振る舞うのは
嫌われたくないから。

先のことを考えているんですね。

もちろん無理して
嫌われる必要はありません。

でも努力しても
理解してくれない人は
絶対にあなたを
理解しようとしません。

今できることだけ
集中していれば、

きっと本当の理解者が
現れますから。

ABOUT ME
としぶん
としぶん
妻と子供二人で生活している旦那。 会社を退職し、躁うつ病の妻をサポートしながらフリーランスとして働いています。主任ケアマネ、社会福祉士、介護福祉士の経験を活かして、現在はライティングやコンテンツ作成、WEB集客コンサルとして活躍しています。 妻には悪いけど、ストレスを抱えていることが多くある。 うまく吐き出すためにこのブログを始めました!
関連記事